カードローンの時代変化

カードローンのサービスを提供している金融機関は多く、昔は消費者金融がサービスを主にしていましたが、今は銀行や信販会社なども多く提供するようになり、専業主婦が利用できるカードローンといったようにターゲットを限定しているローンサービスもあります。
 
今でこそ他のローンと比較した場合は金利が高くなっているものの、カードローンの歴史から見るとかなり金利は下がっていて、少なくとも決められている返済額をきちんと返していれば借金が無くならないという仕組みにはなっていません。
 
カードローンはフリーローンの一種になるので自由な目的でお金を借りて利用することができるようになっていますが、金融機関によっては事業目的での利用ができないようにしているところもあり、細かい部分で金融機関による違いがあるという点に注意が必要です。
 
ちなみに昔は消費者金融が中心になって提供していた金融サービスですが、これが銀行も提供するようになったのは賃金業法が改正されて銀行が個人向け融資に参入するメリットが増えたことなどもあり、カードローンのサービスの移り変わりと言うのは歴史から見ても著しくなっています。
 
専業主婦がカードローンをこれから利用する場合は目的を明確化させることや、カードローンを利用することによってどのようなリスクを被ることになるかということ、他にも多重債務にならないようにするためにはきちんと計画性を持って借りるということを考えましょう。



このページの先頭へ