パートを始めると借りることができる金額は増える?

電卓専業主婦が利用できるカードローンは主に銀行のカードローンになり、専業主婦が利用できるタイプのローンはホームページ上のローンサービスの概要にその旨が明示されているので、利用できるところを探して申し込みをすることで借りることができます。
 
専業主婦だと収入がないのに借りることができる理由は配偶者の収入などが審査に反映されるためですが、配偶者の収入が多いからといって自分自身が借りることができる金額が増えるということはなく、せいぜい30万円程度までの借り入れが限度になります。
 
しかし、これはまったく仕事をしてない専業主婦の場合の話しであり、パートやアルバイトとして仕事をしている主婦の場合は入ってくる収入が信用情報としてみなされるので自分の収入に応じた借り入れが可能になります。
 
そのため、専業主婦から兼業主婦に変わることによってこれまでと借り入れの状況も変わるようになり、借り入れることができる金額についても増える可能性があります。
 
ただし、パートを始めたからと言ってすぐに借りることができる金額が増えるというわけではなく、基本的にカードローンによる借り入れというのは安定した収入があることが条件になっているのでパートとして少なくとも1年は働かないと安定した収入として見てもらうことができません。
 
仕事をすぐに辞めて新しい仕事をしているような場合も安定した収入とみなされず、借り入れ金額を増やすことは難しくなります。



このページの先頭へ