他に借金がある場合は借りられない?

悩む女性どの金融機関でお金の借り入れをする場合も共通しているのが、他の金融機関からの借り入れがある場合は新規に借りることが難しいという点です。
 
昔はとにかく貸してどんどん金利収入を得ることを目的としていた金融機関が多くありましたが、時代が進んで法律が厳しくなったなどの背景もあって、金融機関もリスクを負った貸し出しをすることは少なくなりました。
 
そのためお金の借り入れをする場合は他の金融機関からの借り入れ状況というのも今一度しらべておく必要がある要素になり、専業主婦がカードローンの利用を検討している場合も他の金融機関から借りている場合は新規にカードローンの申し込みをすることが難しくなります。
 
専業主婦のカードローンサービスは自分の収入ではなく、配偶者の信用状況などがベースになって審査が進むので自分自身の収入が無くても借りることができる仕組みになっています。
 
既に借金がある場合は元々収入がないという信用の低さがあるので安定した収入がある人が複数の金融機関からお金を借りている場合に比べても借りることが難しくなります。
 
他に借金があって借りることができない場合は多重債務のリスクなども考慮して諦めて借金返済を先に優先させる方が大切です。
 
また、他の金融機関からの借り入れについては信販会社が提供しているクレジットカードについても同様のことが言えるので、特にクレジットカードの分割払いを利用している場合は注意が必要です。



このページの先頭へ