労金やJAのカードローンは専業主婦が利用できる?

カードローンを利用することができる金融機関は以前に比べると増えており、総量規制に影響されない労金やJAでも利用することができるようになっており、これらの金融機関も条件を満たすことによって専業主婦でもカードローンの利用をすることができる場合もあります。
 
労金やJAは金利が低いという特徴があるので、借りたお金の返済が長期にわたると想定される場合は利用のメリットがありますが、会員になっている方が利用しやすくなっており、借り入れ金額についても多くなるのが普通です。
 
労金やJAはそれぞれの店舗によって細かい部分のカードローンの審査基準が異なっているので、専業主婦でも借りることができるところもあれば、反対に借りることができない場合もあります。
 
専業主婦が借りることができるのは配偶者の収入が担保の一つになるからですが、当然ながら配偶者が無職の場合だと収入に対する信頼性がなくなるのでお金の借り入れをすることは難しくなります。
 
また、申し込みをしてから実際にお金の借り入れをすることができるまでの時間がかかるというのも労金やJAのカードローンを利用する上でのデメリット要素になります。
 
即日融資を受けたい場合は労金やJAではなく即日融資に対応している銀行を選んで申し込みをするのが基本で、申し込みをしてから数時間以内にお金の借り入れができるところもあります。
 
また、金利はそれぞれの金融機関共に相対的に低めではあるものの借り入れにはリスクがあります。



このページの先頭へ