専業主婦のカードローンの審査は厳しい?

どの金融機関のローンサービスも申し込みをする条件のところには安定した収入があることと、明示されていると思います。
 
金融機関がお金の貸し付けをすることは返ってくるお金があることを前提としているわけなので、相手に収入がないとどうやってお金を返済することができるのか、という話しになるので貸すことのリスクが高まります。
 
専業主婦は収入がなくてもカードローンを利用することができますが、本来であれば借りることが難しい状況にいながら、配偶者などの収入を信用情報として見ることによって借りることが可能になっているので、どうしても審査については厳しくなるのが普通です。
 
特に他の金融機関からの借り入れ状況については審査で厳しく見られる部分になりますが、専業主婦のカードローン利用が可能になっている銀行でも他に債務がある状態は嫌います。
 
審査を受ける場合に気を付ける必要があるのは同時期に複数の金融機関でローンの申し込みをしないようにすることです。
 
これをしてしまうと金融機関側の信頼を低下させることになるので本来ならカードローンが利用できる状態であっても多重申込みが原因になって借りることができなくなることもあります。
 
専業主婦がお金を借りる場合は借りることができる上限金額が30万円程度までとなっており、それを超えて借りることができるところや甘い条件のところというのは基本的に闇金である可能性が疑われるので利用には注意が必要です。



このページの先頭へ