返済できない場合のペナルティ

専業主婦がカードローンの利用をする場合、前に消費者金融でカードローンの申し込みをしていたという状況を除いては総量規制の影響を受けることなく利用できる銀行のカードローンを利用するのが基本になってきます。
 
専業主婦のカードローンだと借りることができる金額もそこまで多くないので、通常であれば約定返済をしっかり行っていれば早い段階で完済をすることもできるのですが、収入がないのでなかなか借金返済に必要なお金を作ることができないこともあります。
 
基本的にカードローンは約定返済日までに返済されなかった場合は金利が上がるというペナルティを受けることになるので、うっかり返済するのを忘れてしまっていたという状態にならないためにも返済日を把握して早めに振り込んでおくようにしましょう。
 
金利が上がるペナルティについては法律で決められている上限金利ギリギリになり、銀行は基本的な金利が15%と低くなっているので、ペナルティを受けて18%前後の金利になると金利の負担もかなり大きく感じます。
 
この状態を放置していると金融機関からの催促も少しずつ厳しくなり、最終的には配偶者に通知が届くようになるので、配偶者に内緒でお金を借りているような場合は注意する必要があります。

 
また、借金の返済をうっかり忘れていたような場合も金融機関側の信用情報を著しく落としてしまうことになり、新たにお金の借り入れをすることが難しくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。



このページの先頭へ