配偶者の信用情報がないと借りられない?

消費者金融や信販会社のカードローンを専業主婦が利用することができないのは総量規制によって借りることができる金額が決まってしまっているためで、この法律の制約を受けることがないので銀行では専業主婦でもカードローンを利用することが法律上では認められています。
 
しかし、それぞれの銀行によっても利用の条件についてはさまざまで専業主婦の利用ができないところもあるので、利用をする場合には必ず主婦が利用できると明示されている銀行を選んで借り入れの準備を進めていく必要があります。
 
本来であれば審査の厳しい銀行なのにお金の借り入れをすることができるのは世帯での収入をベースに考えるからで、主婦の場合だと配偶者の収入が審査に通過するかどうかのポイントになります。
 
配偶者に安定した収入がある場合だとカードローンでお金を借りて返済することができなくなった場合でも最悪は配偶者に保証をしてもらうことができますが、配偶者の金融信用情報が悪い場合は借りることができない可能性もあります。
 
基本的に専業主婦の借り入れができるカードローンというのは配偶者の信用情報についても審査の時にチェックしているのが普通なので、誰でもお金を借りることができるとは限らず、配偶者がブラックリストに入っていたら借りることはできません。
 
自分にパートでの収入が少しでもあるような場合はその収入を担保として自分自身の信用情報でお金の借り入れをすることが可能になります。



このページの先頭へ